汐留駅で22時に珍現象…背景にはあの大企業の“あの事件”

公開日: 更新日:

「平日の22時ごろに大江戸線の汐留駅から乗る客がこの1年半ほど、やたらと多いんだよ。なぜだか分かる?」

 日ごろ通勤で大江戸線を利用する知人から、こんな問いを投げかけられた。大会社が移転してきた? 大きなイベントが開かれている? 考えあぐねていると、知人は「電通」と小声でささやき、それでやっと分かった。

 日本最大の広告代理店「電通」の本社ビル(東京都港区東新橋)は汐留駅から徒歩1分。7000人が働いているというこのビルは、2002年から使用されている。なぜ1年半前から異変が起きたのか。それには、あの痛ましい過労自殺が関係している。

 15年12月、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が社員寮から飛び降り自殺し、その後「過労死」と認定された。この事件で厳しい批判を受けた電通は長時間労働をなくす対策のひとつとして、16年10月から全館を22時から翌5時まで消灯し、業務を原則禁止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る