杉村太蔵さん<4>株も為替も債券も何の興味もなかったが…

公開日:

 ビル管理の派遣社員から外資系証券会社の契約社員に。仕事も一変し、給料も上がったが……。

「1カ月更新の契約社員でしたから、契約更新日が近づくたびにビクビクしてました。冗談じゃないんです。雑用係とはいえ正社員のアナリストたちに、“使える男だ”と、思ってもらわないとクビを切られかねない。ない知恵を絞りましたよ。

 たとえば、“ボールペン持ってきて”と指示されたとき、どうします? 黒色を1本持っていく? それじゃダメ。私は黒、赤、青の3色を準備して、さらにメモ用紙も持っていった。デスクの蛍光灯が切れたときは、蛍光灯を替えて、かさの部分のホコリも拭く。“ついでにキレイにしときました”と言って引き揚げる。外資系では、“ボクはアナタのために何かしてるんだ”とアピールすることは大事だと思ってました」

 一種の自己アピール作戦か。気配りには抜かりはなく、契約は更新され続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る