杉村太蔵さん<4>株も為替も債券も何の興味もなかったが…

公開日: 更新日:

 ビル管理の派遣社員から外資系証券会社の契約社員に。仕事も一変し、給料も上がったが……。

「1カ月更新の契約社員でしたから、契約更新日が近づくたびにビクビクしてました。冗談じゃないんです。雑用係とはいえ正社員のアナリストたちに、“使える男だ”と、思ってもらわないとクビを切られかねない。ない知恵を絞りましたよ。

 たとえば、“ボールペン持ってきて”と指示されたとき、どうします? 黒色を1本持っていく? それじゃダメ。私は黒、赤、青の3色を準備して、さらにメモ用紙も持っていった。デスクの蛍光灯が切れたときは、蛍光灯を替えて、かさの部分のホコリも拭く。“ついでにキレイにしときました”と言って引き揚げる。外資系では、“ボクはアナタのために何かしてるんだ”とアピールすることは大事だと思ってました」

 一種の自己アピール作戦か。気配りには抜かりはなく、契約は更新され続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る