杉村太蔵さん<4>株も為替も債券も何の興味もなかったが…

公開日:

 ビル管理の派遣社員から外資系証券会社の契約社員に。仕事も一変し、給料も上がったが……。

「1カ月更新の契約社員でしたから、契約更新日が近づくたびにビクビクしてました。冗談じゃないんです。雑用係とはいえ正社員のアナリストたちに、“使える男だ”と、思ってもらわないとクビを切られかねない。ない知恵を絞りましたよ。

 たとえば、“ボールペン持ってきて”と指示されたとき、どうします? 黒色を1本持っていく? それじゃダメ。私は黒、赤、青の3色を準備して、さらにメモ用紙も持っていった。デスクの蛍光灯が切れたときは、蛍光灯を替えて、かさの部分のホコリも拭く。“ついでにキレイにしときました”と言って引き揚げる。外資系では、“ボクはアナタのために何かしてるんだ”とアピールすることは大事だと思ってました」

 一種の自己アピール作戦か。気配りには抜かりはなく、契約は更新され続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る