杉村太蔵さん<2>最初の仕事はビル管理…自給800円で清掃員

公開日: 更新日:

 6年間通った筑波大学を自主退学。スゴスゴと実家に帰った杉村さんは、生まれて初めて父親に怒鳴られた。「働かないなら、死ねッ」のひと言は、今も耳から離れないそうだ。さすがに、「マジで仕事を探さなくちゃ」と思い、当時、暮らしていた千葉県松戸市のアパートに舞い戻る。2004年4月のことだ。

「慌てて、近所のハローワークに行った覚えがあります。だけど、当時は超が付く就職氷河期で、正社員の口などまるでナシ。何しろ、私は卒業単位も取れない自主退学だし、担当者から“まず、やりたいことを見つけなさい”と言われてもね~。見つからないから、来てるんだ、って叫びたかったですよ。

 それで、何とか仕事にありつこうと、仕方なく派遣会社に。ところが、ココが凄かった。派遣講習の説明会場には100席ほどイスが並んでたんだけど、ギッシリ埋まってた。オマケに、周囲にズラリと立ち見組までいて……。年齢は40代、いや50代が多かったかなぁ。そう、当時、会社をリストラされた中年オジサンでいっぱい。私に派遣先があるのかと、不安になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る