ブーム到来? 注目ワード「濃い」が“お得感”くすぐり好調

公開日:

 いま、「濃い」というワードが注目だ。たとえば飲料業界。今年3月発売の「濃いめのカルピス」(アサヒ飲料)が好調だ。文字通り、“濃いめ”に仕立てたカルピスで、主力ブランド「カルピスウォーター」より明らかに味が濃い。

「5月の出荷量は130万ケース。カルピスブランドで3カ月という短期間で100万ケースを突破するのは珍しい。予想を上回る売れ行きです」(広報担当者)

 “濃いめ”なのに、主力の「カルピスウォーター」と同価格(希望小売価格140円)。単純にオトク感アリだろう。

 カップ麺でも「濃い」ワードが登場した。やはり3月にリニューアルした「日清焼そばU.F.O.」。発売40年のロングセラー商品だが、パッケージに“濃い濃いソース!”の大文字が躍る。

「U.F.O.の特長である濃厚ソースの魅力をストレートに、かつ端的に伝える言葉で、いい感じでスタート出来ました」(日清食品広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る