美人ラーメン評論家注目 「冷やし中華」最新女子ウケ店

公開日: 更新日:

 最高気温が25度を超える日が続くと、街中華の店先に「冷やし中華始めました」の張り紙が目立ってくる。先週、日本橋の「大勝軒」の前を通ると案の定、お知らせがあった。最近は、“冷やし”というと、タンタンメン派も増えているが、ごま風味や、あの、ちょっと酢の利いた、昔ながらの“冷やし”も捨てがたい。

 美人ラーメン評論家の本谷亜紀さんが言う。

「昔ながらのちょっと酸っぱい“冷やし”なら、都心では有楽町のガード横の通りにある『慶楽』ですね。この季節に最低1回は行ってます。具もたくさんのっていて見た目も美しい。オススメですよ」

 本谷さんは、ラーメンに加えて、今月から本格的に“冷やし”路線の食べ歩きを開始するそうだ。目下の注目店は――。

「会社のOLたちに喜ばれそうな店が2軒あります。ちょっと変わりダネで女子受けしそうな店ですね。1軒目は六本木の『ふるめん』。ここは、まず醤油スープでいただき、途中からゴマダレを混ぜる。味の変化が楽しめます。トッピングの具は別皿で、凄くゴージャスな感じもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る