美人ラーメン評論家注目 「冷やし中華」最新女子ウケ店

公開日: 更新日:

 最高気温が25度を超える日が続くと、街中華の店先に「冷やし中華始めました」の張り紙が目立ってくる。先週、日本橋の「大勝軒」の前を通ると案の定、お知らせがあった。最近は、“冷やし”というと、タンタンメン派も増えているが、ごま風味や、あの、ちょっと酢の利いた、昔ながらの“冷やし”も捨てがたい。

 美人ラーメン評論家の本谷亜紀さんが言う。

「昔ながらのちょっと酸っぱい“冷やし”なら、都心では有楽町のガード横の通りにある『慶楽』ですね。この季節に最低1回は行ってます。具もたくさんのっていて見た目も美しい。オススメですよ」

 本谷さんは、ラーメンに加えて、今月から本格的に“冷やし”路線の食べ歩きを開始するそうだ。目下の注目店は――。

「会社のOLたちに喜ばれそうな店が2軒あります。ちょっと変わりダネで女子受けしそうな店ですね。1軒目は六本木の『ふるめん』。ここは、まず醤油スープでいただき、途中からゴマダレを混ぜる。味の変化が楽しめます。トッピングの具は別皿で、凄くゴージャスな感じもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る