イギリスの監視カメラは600万台 市民は1日300回撮影される

公開日: 更新日:

「不正防止のため、監視する側を監視する人が必要だ。じゃあ、その監視する人を監視する人は誰が監視するの?」

 日本でも人気の高いウィル・スミスの主演映画「エネミー・オブ・アメリカ」(98年)で、こんなやりとりが出てくる。公的機関による無節操な盗聴・盗撮の怖さを描いたものだが、すでに我々はどこへ行っても監視カメラに“見られている”状況だ。

■北アイルランド紛争の苦い経験

 国民1人当たりの台数で世界最多とされる「監視大国イギリス」。現在、推定600万台の監視カメラが存在し、3分の1の200万台がロンドンにある。観光で訪れれば、セント・ポール大聖堂やビッグ・ベンの脇に設置された監視カメラに気付くはずだ。

「英国の都市で市民が1日にカメラで撮影される回数は、平均300回とされます。英国は北アイルランド紛争(98年和平合意)のテロで多数の犠牲者を出した苦い経験があり、さらに93年の幼児殺害のジェームズ・バルジャー事件において、犯人特定に監視カメラ映像が寄与したことで、台数が増えていきました。05年のロンドン同時爆破テロでは、実行犯の特定にカメラ画像を役立てています」(国際社会経済研究所主幹研究員・小泉雄介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る