• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イギリスの監視カメラは600万台 市民は1日300回撮影される

「不正防止のため、監視する側を監視する人が必要だ。じゃあ、その監視する人を監視する人は誰が監視するの?」

 日本でも人気の高いウィル・スミスの主演映画「エネミー・オブ・アメリカ」(98年)で、こんなやりとりが出てくる。公的機関による無節操な盗聴・盗撮の怖さを描いたものだが、すでに我々はどこへ行っても監視カメラに“見られている”状況だ。

■北アイルランド紛争の苦い経験

 国民1人当たりの台数で世界最多とされる「監視大国イギリス」。現在、推定600万台の監視カメラが存在し、3分の1の200万台がロンドンにある。観光で訪れれば、セント・ポール大聖堂やビッグ・ベンの脇に設置された監視カメラに気付くはずだ。

「英国の都市で市民が1日にカメラで撮影される回数は、平均300回とされます。英国は北アイルランド紛争(98年和平合意)のテロで多数の犠牲者を出した苦い経験があり、さらに93年の幼児殺害のジェームズ・バルジャー事件において、犯人特定に監視カメラ映像が寄与したことで、台数が増えていきました。05年のロンドン同時爆破テロでは、実行犯の特定にカメラ画像を役立てています」(国際社会経済研究所主幹研究員・小泉雄介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る