イギリスの監視カメラは600万台 市民は1日300回撮影される

公開日: 更新日:

「不正防止のため、監視する側を監視する人が必要だ。じゃあ、その監視する人を監視する人は誰が監視するの?」

 日本でも人気の高いウィル・スミスの主演映画「エネミー・オブ・アメリカ」(98年)で、こんなやりとりが出てくる。公的機関による無節操な盗聴・盗撮の怖さを描いたものだが、すでに我々はどこへ行っても監視カメラに“見られている”状況だ。

■北アイルランド紛争の苦い経験

 国民1人当たりの台数で世界最多とされる「監視大国イギリス」。現在、推定600万台の監視カメラが存在し、3分の1の200万台がロンドンにある。観光で訪れれば、セント・ポール大聖堂やビッグ・ベンの脇に設置された監視カメラに気付くはずだ。

「英国の都市で市民が1日にカメラで撮影される回数は、平均300回とされます。英国は北アイルランド紛争(98年和平合意)のテロで多数の犠牲者を出した苦い経験があり、さらに93年の幼児殺害のジェームズ・バルジャー事件において、犯人特定に監視カメラ映像が寄与したことで、台数が増えていきました。05年のロンドン同時爆破テロでは、実行犯の特定にカメラ画像を役立てています」(国際社会経済研究所主幹研究員・小泉雄介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚