• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

 9歳の女児が死亡した事故にショックを受けた人もいるだろう。

 18日、大阪北部で起きた地震で、高槻市の寿栄小学校のプール脇のブロック塀が崩壊。通学中の女児が下敷きになった。このブロック塀は長さ40メートルで高さ3.5メートル。上半分が切断されたように崩れ落ちた。崩れた部分はブロック8段分で高さ1.6メートルだ。

 地元の人によると、この塀はもともとは背が低かったが、プールをのぞかれないようにブロックを継ぎ足して高くしたという。耐震性に問題がなかったかを聞くため同校に電話したところ、教頭が対応してくれたが、「市役所に一任しているので、個別の質問には答えられません」と、ノーコメント。高槻市教育委員会は会見を開き、壁の構造や強度が脆弱だったことが倒壊の原因だと説明した。

 大阪府によると、ブロック塀は建築基準法によって高さ2.2メートル以内で壁の厚さは15センチ以上。ブロックの中に直径9ミリ以上の鉄筋を縦と横に80センチ以下の間隔で通して補強するよう定められている。高槻市のケースは、違法建築の疑いが強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る