9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

公開日:

 9歳の女児が死亡した事故にショックを受けた人もいるだろう。

 18日、大阪北部で起きた地震で、高槻市の寿栄小学校のプール脇のブロック塀が崩壊。通学中の女児が下敷きになった。このブロック塀は長さ40メートルで高さ3.5メートル。上半分が切断されたように崩れ落ちた。崩れた部分はブロック8段分で高さ1.6メートルだ。

 地元の人によると、この塀はもともとは背が低かったが、プールをのぞかれないようにブロックを継ぎ足して高くしたという。耐震性に問題がなかったかを聞くため同校に電話したところ、教頭が対応してくれたが、「市役所に一任しているので、個別の質問には答えられません」と、ノーコメント。高槻市教育委員会は会見を開き、壁の構造や強度が脆弱だったことが倒壊の原因だと説明した。

 大阪府によると、ブロック塀は建築基準法によって高さ2.2メートル以内で壁の厚さは15センチ以上。ブロックの中に直径9ミリ以上の鉄筋を縦と横に80センチ以下の間隔で通して補強するよう定められている。高槻市のケースは、違法建築の疑いが強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る