9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

公開日: 更新日:

 9歳の女児が死亡した事故にショックを受けた人もいるだろう。

 18日、大阪北部で起きた地震で、高槻市の寿栄小学校のプール脇のブロック塀が崩壊。通学中の女児が下敷きになった。このブロック塀は長さ40メートルで高さ3.5メートル。上半分が切断されたように崩れ落ちた。崩れた部分はブロック8段分で高さ1.6メートルだ。

 地元の人によると、この塀はもともとは背が低かったが、プールをのぞかれないようにブロックを継ぎ足して高くしたという。耐震性に問題がなかったかを聞くため同校に電話したところ、教頭が対応してくれたが、「市役所に一任しているので、個別の質問には答えられません」と、ノーコメント。高槻市教育委員会は会見を開き、壁の構造や強度が脆弱だったことが倒壊の原因だと説明した。

 大阪府によると、ブロック塀は建築基準法によって高さ2.2メートル以内で壁の厚さは15センチ以上。ブロックの中に直径9ミリ以上の鉄筋を縦と横に80センチ以下の間隔で通して補強するよう定められている。高槻市のケースは、違法建築の疑いが強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る