映画監督・鄭義信さん 還暦祝いの赤い財布に4万9281円

公開日:

 映画「血と骨」「月はどっちに出ている」などの脚本家で、初監督として「焼肉ドラゴン」を手掛け、その公開を前に多忙な日々を送っている鄭義信さん(60)。仕事で関西出張の前日、「今日はいつもより入ってるよ」と言って自信満々に見せてくれた財布には、現金4万9281円。

「いつもは2万から3万円くらいです。4、5人で安い居酒屋で飲むから1万か2万円あれば十分。あとは漫画代とコーヒー代。頭を働かせたいから、甘いカフェオレを飲んだり、アンコをよく食べますね。お昼はまんじゅうで済ませたり。春先とかはイチゴ大福ですね」

 クレジットはVISA2枚、JCB1枚。

「お金を使うのは、ほとんどがお酒を飲む時。カードだと際限なくなりそうで怖いからあまり使いません。ポイントとかも全然、貯めてないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る