映画監督・鄭義信さん 還暦祝いの赤い財布に4万9281円

公開日: 更新日:

 映画「血と骨」「月はどっちに出ている」などの脚本家で、初監督として「焼肉ドラゴン」を手掛け、その公開を前に多忙な日々を送っている鄭義信さん(60)。仕事で関西出張の前日、「今日はいつもより入ってるよ」と言って自信満々に見せてくれた財布には、現金4万9281円。

「いつもは2万から3万円くらいです。4、5人で安い居酒屋で飲むから1万か2万円あれば十分。あとは漫画代とコーヒー代。頭を働かせたいから、甘いカフェオレを飲んだり、アンコをよく食べますね。お昼はまんじゅうで済ませたり。春先とかはイチゴ大福ですね」

 クレジットはVISA2枚、JCB1枚。

「お金を使うのは、ほとんどがお酒を飲む時。カードだと際限なくなりそうで怖いからあまり使いません。ポイントとかも全然、貯めてないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る