歩行困難な生徒を背負い続け…女性教師の献身に全米が称賛

公開日: 更新日:

 献身的な行為に称賛の声が寄せられている。

 米誌ピープル(11日付電子版)などによると、米イリノイ州シカゴに住むマギー・バスケスさん(10)は、脳性まひのため歩行が困難で、いつもは歩行器を使って移動している。

 マギーさんが通っているのは「アカデミー・フォー・グローバル・シチズンシップ(AGC)」。5~14歳の自閉症や学習障害など、さまざまな障害を抱えた子供たちを対象とした学校だ。

 AGCは先日、シカゴ郊外のキャンプ場「キャンプ・サリバン」で3日間の課外活動を行ったが、マギーさんは当初、参加を諦めていた。山道や急な斜面を歩くハイキングや野外活動に参加するのは歩行器では難しいからだ。

 それを知った担任のヘルマ・ワーデナー先生(38)は「それはあまりに気の毒」と、マギーさんをキャンプに連れて行く方法を、学校と共に検討し始めた。子馬を借りるなどさまざまな案が出たが、最終的にチャイルドキャリアを300ドルで購入し、ワーデナー先生がマギーさんを背負って行くことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る