歩行困難な生徒を背負い続け…女性教師の献身に全米が称賛

公開日:

 献身的な行為に称賛の声が寄せられている。

 米誌ピープル(11日付電子版)などによると、米イリノイ州シカゴに住むマギー・バスケスさん(10)は、脳性まひのため歩行が困難で、いつもは歩行器を使って移動している。

 マギーさんが通っているのは「アカデミー・フォー・グローバル・シチズンシップ(AGC)」。5~14歳の自閉症や学習障害など、さまざまな障害を抱えた子供たちを対象とした学校だ。

 AGCは先日、シカゴ郊外のキャンプ場「キャンプ・サリバン」で3日間の課外活動を行ったが、マギーさんは当初、参加を諦めていた。山道や急な斜面を歩くハイキングや野外活動に参加するのは歩行器では難しいからだ。

 それを知った担任のヘルマ・ワーデナー先生(38)は「それはあまりに気の毒」と、マギーさんをキャンプに連れて行く方法を、学校と共に検討し始めた。子馬を借りるなどさまざまな案が出たが、最終的にチャイルドキャリアを300ドルで購入し、ワーデナー先生がマギーさんを背負って行くことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る