歩行困難な生徒を背負い続け…女性教師の献身に全米が称賛

公開日: 更新日:

 献身的な行為に称賛の声が寄せられている。

 米誌ピープル(11日付電子版)などによると、米イリノイ州シカゴに住むマギー・バスケスさん(10)は、脳性まひのため歩行が困難で、いつもは歩行器を使って移動している。

 マギーさんが通っているのは「アカデミー・フォー・グローバル・シチズンシップ(AGC)」。5~14歳の自閉症や学習障害など、さまざまな障害を抱えた子供たちを対象とした学校だ。

 AGCは先日、シカゴ郊外のキャンプ場「キャンプ・サリバン」で3日間の課外活動を行ったが、マギーさんは当初、参加を諦めていた。山道や急な斜面を歩くハイキングや野外活動に参加するのは歩行器では難しいからだ。

 それを知った担任のヘルマ・ワーデナー先生(38)は「それはあまりに気の毒」と、マギーさんをキャンプに連れて行く方法を、学校と共に検討し始めた。子馬を借りるなどさまざまな案が出たが、最終的にチャイルドキャリアを300ドルで購入し、ワーデナー先生がマギーさんを背負って行くことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る