歩行困難な生徒を背負い続け…女性教師の献身に全米が称賛

公開日:

 献身的な行為に称賛の声が寄せられている。

 米誌ピープル(11日付電子版)などによると、米イリノイ州シカゴに住むマギー・バスケスさん(10)は、脳性まひのため歩行が困難で、いつもは歩行器を使って移動している。

 マギーさんが通っているのは「アカデミー・フォー・グローバル・シチズンシップ(AGC)」。5~14歳の自閉症や学習障害など、さまざまな障害を抱えた子供たちを対象とした学校だ。

 AGCは先日、シカゴ郊外のキャンプ場「キャンプ・サリバン」で3日間の課外活動を行ったが、マギーさんは当初、参加を諦めていた。山道や急な斜面を歩くハイキングや野外活動に参加するのは歩行器では難しいからだ。

 それを知った担任のヘルマ・ワーデナー先生(38)は「それはあまりに気の毒」と、マギーさんをキャンプに連れて行く方法を、学校と共に検討し始めた。子馬を借りるなどさまざまな案が出たが、最終的にチャイルドキャリアを300ドルで購入し、ワーデナー先生がマギーさんを背負って行くことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る