7カ月の赤ちゃんと家族を火災から救う “英雄犬”の勇敢行動

公開日: 更新日:

 米カリフォルニア州ストックトンで、深夜に火災が起きたことを家族に知らせ、赤ちゃんをくわえていち早く避難した飼い犬が「ヒーローだ」と称賛されている。

 テレビ局WPMT(12日付電子版)によると、この犬は、ナナ・チャイチャンダさん(30)が飼っている生後8カ月のピット・ブル・テリア「サーシャ」。

 3日深夜11時ごろ、ナナさんが暮らす集合住宅の隣家で火災が発生した。ナナさんたちは眠っていたが、庭にいたサーシャが必死で吠え、ドアに体当たり。目が覚めたナナさんがドアを開け、外に出てみると、火がすでにナナさんの家に燃え移ろうとしていた。

 ナナさんが家族を逃がそうと屋内に戻ると、サーシャは生後7カ月のナナさんの娘マサイラーちゃんの“おしめ”をくわえ、避難しようとしていたという。


 結局、ナナさんの家は火災と消火作業のために住めなくなってしまったが、ナナさんとマサイラーちゃんらは全員無事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る