始まりは少女の好奇心…公民権運動指導者が幼稚園の名前に

公開日: 更新日:

 米ワシントン州で、1960年代に暗殺された公民権運動の地元指導者を“再発見”し、スポットライトを当てた少女の活動に注目が集まっている。

 CBSニュース(15日付電子版)によると、同州ショアラインに住むサラ・ヘイコックスさん(10)は2016年、公園でサッカーをした後、園内のトイレの横に小さな記念碑があることに気が付いた。

 記念碑には「エドウィン・T・プラット 1930年~1969年」と記されていた。

「たった39歳で亡くなったのね。なんて短い人生なんだろう」

 好奇心を刺激されたサラさんはこのプラットという人物を調べ始めた。その結果、プラットはショアラインの最初の黒人住民で、「シアトル・アーバン・リーグ」という公民権運動グループの指導者だったことを突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る