• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

始まりは少女の好奇心…公民権運動指導者が幼稚園の名前に

 米ワシントン州で、1960年代に暗殺された公民権運動の地元指導者を“再発見”し、スポットライトを当てた少女の活動に注目が集まっている。

 CBSニュース(15日付電子版)によると、同州ショアラインに住むサラ・ヘイコックスさん(10)は2016年、公園でサッカーをした後、園内のトイレの横に小さな記念碑があることに気が付いた。

 記念碑には「エドウィン・T・プラット 1930年~1969年」と記されていた。

「たった39歳で亡くなったのね。なんて短い人生なんだろう」

 好奇心を刺激されたサラさんはこのプラットという人物を調べ始めた。その結果、プラットはショアラインの最初の黒人住民で、「シアトル・アーバン・リーグ」という公民権運動グループの指導者だったことを突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る