始まりは少女の好奇心…公民権運動指導者が幼稚園の名前に

公開日: 更新日:

 米ワシントン州で、1960年代に暗殺された公民権運動の地元指導者を“再発見”し、スポットライトを当てた少女の活動に注目が集まっている。

 CBSニュース(15日付電子版)によると、同州ショアラインに住むサラ・ヘイコックスさん(10)は2016年、公園でサッカーをした後、園内のトイレの横に小さな記念碑があることに気が付いた。

 記念碑には「エドウィン・T・プラット 1930年~1969年」と記されていた。

「たった39歳で亡くなったのね。なんて短い人生なんだろう」

 好奇心を刺激されたサラさんはこのプラットという人物を調べ始めた。その結果、プラットはショアラインの最初の黒人住民で、「シアトル・アーバン・リーグ」という公民権運動グループの指導者だったことを突き止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る