融和ムードで旅行者急増 北朝鮮の意外な人気スポットとは

公開日:

 核・ミサイル実験で世界を脅かしたのは今や昔、すっかり融和ムードを演出する北朝鮮。今でも外務省は「渡航自粛要請」を出しているが、日本から北朝鮮への旅行者は急増している。北朝鮮専門の旅行会社「ジェイエス・エンタープライズ」(東京・中央区)では、6月時点で昨年1年間の申込数を超える120人以上の申し込みがあった。

 日本からの直行便はないため、中国の北京や瀋陽から空路や鉄道を使って入国する。値段は2泊3日で18万~26万円。平壌や板門店が人気スポットだが、同社のホームページには「マンギョンボン号!面舵いっぱい!6日間モデルコース」や「金剛山でポケモンGO!モデルコース」などユニークなツアーもある。

 意外な観光名所が平壌市内の地下鉄だ。地下約100メートルの深さにあり、核シェルターに転用可能だ。長いエスカレーターで降りた先は、金箔に覆われた“建国の父”金日成像や、シャンデリアなど豪華な内装となっている。こうした社会主義の力強さを宣伝する施設は、中国からの観光客に「昔の中国と似ている」と人気だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る