• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

融和ムードで旅行者急増 北朝鮮の意外な人気スポットとは

 核・ミサイル実験で世界を脅かしたのは今や昔、すっかり融和ムードを演出する北朝鮮。今でも外務省は「渡航自粛要請」を出しているが、日本から北朝鮮への旅行者は急増している。北朝鮮専門の旅行会社「ジェイエス・エンタープライズ」(東京・中央区)では、6月時点で昨年1年間の申込数を超える120人以上の申し込みがあった。

 日本からの直行便はないため、中国の北京や瀋陽から空路や鉄道を使って入国する。値段は2泊3日で18万~26万円。平壌や板門店が人気スポットだが、同社のホームページには「マンギョンボン号!面舵いっぱい!6日間モデルコース」や「金剛山でポケモンGO!モデルコース」などユニークなツアーもある。

 意外な観光名所が平壌市内の地下鉄だ。地下約100メートルの深さにあり、核シェルターに転用可能だ。長いエスカレーターで降りた先は、金箔に覆われた“建国の父”金日成像や、シャンデリアなど豪華な内装となっている。こうした社会主義の力強さを宣伝する施設は、中国からの観光客に「昔の中国と似ている」と人気だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る