• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年度替わりの隙を突く “プロバイダー乗り換え詐欺”の手口

 油断も隙もない――。先々週、本紙記者が東北地方にある実家に帰省中、偶然、電話によるプロバイダー変更の勧誘に出くわした。日曜夜の8時すぎのことで、その一部始終はこんな感じだった。

「こちらNTT東日本正規代理店のノグチと申します。フレッツ光ご利用のお客さまに新電話料金変更のお知らせです。ご主人さまですか? 4月から電話料金が安くなるのをご存じですか?」

 ノグチ君は早口でこう切り出した。本紙A記者は時間も遅く不審に思ったが、興味本位で話を聞き続けた。すると、A家のひと月の電話料金、ネットのプロバイダー使用料を並べ立て(合計約7300円)、新料金体系に変更すると「5900円に値下げになる」と言う。

「回線工事は必要ありません。ですが、変更には転用承諾番号が必要です。手元にパソコンかスマホをお持ちですか?NTTのHPから取れますので――」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る