• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もっとお金を稼ぎたくて…研修先から失踪し夜の歌舞伎町へ

 I氏は1970年生まれ。浙江省東部の港町、寧波の出身だ。彼女は高校卒業後、地元の繊維工場に就職して、平穏かつ質素な生活を送っていた。が、仕事にやり甲斐を見いだせず、心機一転、海外で一旗揚げようと考える。

 海の向こうにある日本で、研修生として働いて技術を身につけながら稼げることを同僚から耳打ちされたからだ。

 後述するが、「研修制度」とは名ばかり。短期間でひと稼ぎできたわけではない。それでもI氏は家族の反対を押し切って渡航を決心する。日本に行けば何かしらチャンスに巡り合えると信じたのだ。実家を担保に借金し、貯金をはたいて渡航費をつくった。さらに、親戚や同僚から総額200万円の借金をしたという。

「200万円は当時の相場です。日中間の研修ビジネスを斡旋する中国国内の送り出し機関と、日本の受け入れ機関にそれぞれ100万円の手数料を支払ったのです」(研修生事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る