もっとお金を稼ぎたくて…研修先から失踪し夜の歌舞伎町へ

公開日: 更新日:

 I氏は1970年生まれ。浙江省東部の港町、寧波の出身だ。彼女は高校卒業後、地元の繊維工場に就職して、平穏かつ質素な生活を送っていた。が、仕事にやり甲斐を見いだせず、心機一転、海外で一旗揚げようと考える。

 海の向こうにある日本で、研修生として働いて技術を身につけながら稼げることを同僚から耳打ちされたからだ。

 後述するが、「研修制度」とは名ばかり。短期間でひと稼ぎできたわけではない。それでもI氏は家族の反対を押し切って渡航を決心する。日本に行けば何かしらチャンスに巡り合えると信じたのだ。実家を担保に借金し、貯金をはたいて渡航費をつくった。さらに、親戚や同僚から総額200万円の借金をしたという。

「200万円は当時の相場です。日中間の研修ビジネスを斡旋する中国国内の送り出し機関と、日本の受け入れ機関にそれぞれ100万円の手数料を支払ったのです」(研修生事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る