日中英…トリリンガル教育を行う保育園チェーンの経営者

公開日:

 新宿・歌舞伎町の北側に隣接するエスニックの街、百人町。新宿区の統計によると、「およそ130カ国もの外国人が群れるように暮らしている」という。毎日、大久保通りを肌の色の違う人々が、瞳を光らせながら大きなトランクを引っ張って行き来する光景は珍しくはない。

「I wanna pee」(先生、オシッコしたい)

「我也想去」(ボクも行きたいッ)

「は~い、行ってきなさい」

 JR新大久保駅に程近い路地を入ると、閑静な住宅地の一角にあるマンションの1階から、子供たちの可愛い笑い声と一緒に日、中、英の日常会話が聞こえてくる。

 ここは在日外国人の間では知る人ぞ知る保育園チェーン、「A」の新宿分室だ。新宿以外にも池袋、板橋、高田馬場、川口、横浜などに分室があるという。日本では前例のない24時間保育、日中英のトリリンガル教育を実施している点も注目に値する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る