在庫がなくなるほど売れる 傘専門店に聞いた人気トップ3位

公開日:

 梅雨真っただ中。通勤族は当分の間、傘とオサラバできそうにない。オフィスにビニール傘を2、3本常備するサラリーマンも多いが、いま、その傘がちょっとしたブームだ。

「週末には“在庫がなくなるほど”売れました――」

 こう言うのは、東急東横線自由が丘駅南口にある「Water front」のスタッフ・高橋菜々さん。同店は、約500種類、合計1万5000本の傘が並ぶ世界最大級の傘専門店。

「紳士モノで傘選びのポイントは、“撥水性”です。電車に乗るときなど、傘をひと振りするだけで水が切れるような傘が人気上昇中です。問い合わせも増えています」(高橋さん)

 テレビ番組で紹介され、“在庫切れ寸前”になったという長傘は、富山サンダー製で1本3900円ナリ(税別)。生地の表面がデコボコした素材で、まるで水滴が傘を転がるかのように雨をはじく! それで生地も湿った感がないから驚き。これからの台風シーズンは、こうした長い傘がオススメだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る