サッカー日本代表スポンサーのJAL 社員待遇をANAと比較

公開日:

 サッカーのW杯がいよいよ盛り上がってきました。日本代表チームのスポンサーに名を連ねるのが、日本航空(JAL)です。今回はライバルのANAホールディングスとの社員待遇を比較してみます。

 JALは1951年創業。ナショナルフラッグキャリアーとして長く活躍してきましたが、2010年に会社更生法の適用を受けています。サッカー日本代表のほか、野球の大谷翔平選手(写真左)、テニスの錦織圭選手のスポンサーとしても有名です。

 一方、ANAは日本ヘリコプター輸送と極東航空の合併により1958年創業。2013年に持ち株会社へ移行しました。事業会社として全日本空輸を傘下に持ちます。スケートの羽生結弦選手(同上)を支援しています。

 前期の連結売上高はJALが1兆3833億円、ANAは6000億円ほど多い1兆9718億円。ただし、経常利益はJALが1632億円で、1606億円のANAを少し上回ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る