サッカー日本代表スポンサーのJAL 社員待遇をANAと比較

公開日: 更新日:

 サッカーのW杯がいよいよ盛り上がってきました。日本代表チームのスポンサーに名を連ねるのが、日本航空(JAL)です。今回はライバルのANAホールディングスとの社員待遇を比較してみます。

 JALは1951年創業。ナショナルフラッグキャリアーとして長く活躍してきましたが、2010年に会社更生法の適用を受けています。サッカー日本代表のほか、野球の大谷翔平選手(写真左)、テニスの錦織圭選手のスポンサーとしても有名です。

 一方、ANAは日本ヘリコプター輸送と極東航空の合併により1958年創業。2013年に持ち株会社へ移行しました。事業会社として全日本空輸を傘下に持ちます。スケートの羽生結弦選手(同上)を支援しています。

 前期の連結売上高はJALが1兆3833億円、ANAは6000億円ほど多い1兆9718億円。ただし、経常利益はJALが1632億円で、1606億円のANAを少し上回ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る