名曲喫茶ライオン<下>世界一の音「100年サテン」の一手

公開日:

 ライオンが最も賑わったのは昭和30年代だった。10時の開店前から、かけてもらいたいレコードを風呂敷に包んだ客が店前に並んだ。現在は1階と2階での営業だが、当時は3階と地下にもお客を入れた。それでも入り切らないので、相席はごく普通のことだった。

 巨大スピーカーから奏でられる、どこまでも奥行きある音を求めて殺到する常連客。その中にモーツァルトだけを聴きにくる人がいた。本人には心の中で決めている指定席があり、そこに先客がいれば、空くまで待つというほどこだわった。演奏中に他の客が物音を立てれば、「うるさい!」と怒鳴った。

 店の従業員が内々に「モーツァルトおじさん」と呼んでいたそのお客は、ある日、首にタオルを巻いて現れた。「そのタオルにクリーニング屋の名前と住所、電話番号が書いてあったのね。ああ、この人はクリーニング屋さんなんだって」。ライオンの現オーナー、石原圭子さんは60年も前の話を昨日のことのように語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る