音楽事務所社長が次々に繰り出した“くだらない言い訳”

公開日: 更新日:

 本連載で未払いトラブルを取材する中で目立つのが、未払いをする側の見苦しさだ。まるで子供のような言い訳で逃げる業者に、「せめて誠意ある言葉で説明してくれれば」と被害に遭ったフリーランスたちは嘆く。

 今回も呆れた言い訳オンパレードの案件を紹介しよう。被害者は、レコーディングエンジニアのUさん。2年前に支払われるはずだったギャラがいまだに支払われていない。

「インディーズのミュージシャン・IさんのCDを制作するということで、Iさんが所属する事務所の社長兼プロデューサーのHさんから仕事が来ました。この事務所にはIさんとH社長の2人しかおらず実質個人事務所のようなものですが、H社長は大手音楽会社の元社員という肩書。さらに以前も仕事を受けたことのある会社だったので信頼できるだろうと思っていました」

 Uさんいわく、音楽業界では未払いや一方的なギャラの減額などは当たり前のように横行しているという。これまでにUさんも被害に遭ってきたが、今回の相手は1回目の仕事できちんと支払ったため、安心して引き受けたのだ。スタジオを予約して収録したものを編集し、工場でプレスしてCDは完成した。ところが、支払予定日だった2年前の6月末、振り込みはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る