• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

音楽事務所社長が次々に繰り出した“くだらない言い訳”

 本連載で未払いトラブルを取材する中で目立つのが、未払いをする側の見苦しさだ。まるで子供のような言い訳で逃げる業者に、「せめて誠意ある言葉で説明してくれれば」と被害に遭ったフリーランスたちは嘆く。

 今回も呆れた言い訳オンパレードの案件を紹介しよう。被害者は、レコーディングエンジニアのUさん。2年前に支払われるはずだったギャラがいまだに支払われていない。

「インディーズのミュージシャン・IさんのCDを制作するということで、Iさんが所属する事務所の社長兼プロデューサーのHさんから仕事が来ました。この事務所にはIさんとH社長の2人しかおらず実質個人事務所のようなものですが、H社長は大手音楽会社の元社員という肩書。さらに以前も仕事を受けたことのある会社だったので信頼できるだろうと思っていました」

 Uさんいわく、音楽業界では未払いや一方的なギャラの減額などは当たり前のように横行しているという。これまでにUさんも被害に遭ってきたが、今回の相手は1回目の仕事できちんと支払ったため、安心して引き受けたのだ。スタジオを予約して収録したものを編集し、工場でプレスしてCDは完成した。ところが、支払予定日だった2年前の6月末、振り込みはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る