• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

音楽事務所社長が次々に繰り出した“くだらない言い訳”

 本連載で未払いトラブルを取材する中で目立つのが、未払いをする側の見苦しさだ。まるで子供のような言い訳で逃げる業者に、「せめて誠意ある言葉で説明してくれれば」と被害に遭ったフリーランスたちは嘆く。

 今回も呆れた言い訳オンパレードの案件を紹介しよう。被害者は、レコーディングエンジニアのUさん。2年前に支払われるはずだったギャラがいまだに支払われていない。

「インディーズのミュージシャン・IさんのCDを制作するということで、Iさんが所属する事務所の社長兼プロデューサーのHさんから仕事が来ました。この事務所にはIさんとH社長の2人しかおらず実質個人事務所のようなものですが、H社長は大手音楽会社の元社員という肩書。さらに以前も仕事を受けたことのある会社だったので信頼できるだろうと思っていました」

 Uさんいわく、音楽業界では未払いや一方的なギャラの減額などは当たり前のように横行しているという。これまでにUさんも被害に遭ってきたが、今回の相手は1回目の仕事できちんと支払ったため、安心して引き受けたのだ。スタジオを予約して収録したものを編集し、工場でプレスしてCDは完成した。ところが、支払予定日だった2年前の6月末、振り込みはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る