藤井四段の獲得賞金は300万円超? 棋士のおカネを大解剖

公開日: 更新日:

「いくら稼いだのか」――そんな疑問も聞こえてくる。14歳の天才棋士・藤井聡太四段はあす(2日)、30連勝をかけて竜王戦決勝トーナメント2回戦に挑む。中学生とはいえ、プロ。勝てば勝つほど収入が増えるはずで、その収入は気になるところだ。そもそも棋士のカネ回りはどうなっているのか。「週刊将棋」元編集長で、大阪商業大学アミューズメント産業研究所主任研究員の古作登氏に聞いた。

「プロ棋士の収入は、公式戦の対局料とタイトル戦の優勝賞金が基本。公式戦は、主に新聞社などが主催する棋戦です」

 タイトル戦は、今年から昇格した「叡王戦」を加えて8つ。「名人戦」が最高峰と思いきや、そうではない。

「棋戦の対局料は一般に非公表ですが、藤井四段が挑戦している竜王戦は例外。ランキング戦の各組優勝賞金と決勝トーナメントの対局料、優勝賞金が公表されています。優勝賞金は将棋界最高の4320万円。歴史の重みは名人が上ですが、賞金は竜王が一番です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る