藤井四段の獲得賞金は300万円超? 棋士のおカネを大解剖

公開日:

「いくら稼いだのか」――そんな疑問も聞こえてくる。14歳の天才棋士・藤井聡太四段はあす(2日)、30連勝をかけて竜王戦決勝トーナメント2回戦に挑む。中学生とはいえ、プロ。勝てば勝つほど収入が増えるはずで、その収入は気になるところだ。そもそも棋士のカネ回りはどうなっているのか。「週刊将棋」元編集長で、大阪商業大学アミューズメント産業研究所主任研究員の古作登氏に聞いた。

「プロ棋士の収入は、公式戦の対局料とタイトル戦の優勝賞金が基本。公式戦は、主に新聞社などが主催する棋戦です」

 タイトル戦は、今年から昇格した「叡王戦」を加えて8つ。「名人戦」が最高峰と思いきや、そうではない。

「棋戦の対局料は一般に非公表ですが、藤井四段が挑戦している竜王戦は例外。ランキング戦の各組優勝賞金と決勝トーナメントの対局料、優勝賞金が公表されています。優勝賞金は将棋界最高の4320万円。歴史の重みは名人が上ですが、賞金は竜王が一番です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る