奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

おいしい「一番茶」は毒まみれ…高濃度で農薬検出の衝撃

公開日:

 日本の農家が大量に農薬を使っても問題にならなかった背景には、農薬の残留基準値があまりにもゆるすぎることにある。

 たとえばお茶だが、農水省のホームページには、お茶の栽培に使われる農薬は、実に200種類以上も掲載されている。

 その中には、たとえば台湾、アメリカ、オーストラリアなどでは検出されたら輸入できない「不検出」で、EUは0.02ppm(㎎/㎏)以下なのに、日本の基準値が40ppmと2000倍もゆるいものもある。シラフルオフェンという農薬など、EUでは0.01ppmなのに、日本は80ppmと、なんと8000倍もゆるいのだ。

 それにこの農薬、コメだと約260分の1の0.3ppmで、大豆は800分の1の0.1ppmだ。お茶の葉は洗って飲むわけではないのだから、むしろ米や大豆よりも低くしなければいけないと思うのだが、なぜか数百倍も多いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る