小学生はサッカー好き 野球離れの食い止め策は母親にあり

公開日:

 野球が心配だ。クラレが今春小学校を卒業した子供とその親を対象に「将来就きたい職業」についてアンケートを実施。結果は、男の子がスポーツ選手(22%)、女の子は医師(8%)が1位になった。また、今どきらしく、男の子の13位には「ユーチューバー」(1.9%)が入っている。ちなみに、親に聞いた「就かせたい職業」のトップは男の子が公務員、女の子が看護師だ。

 スポーツ選手の人気は昔から不動だが、その内訳を見ると、親世代とは大きな差が……。「サッカー」が42%で、「野球」の28%を大きく引き離しているのだ。

 日本中学校体育連盟のデータでは、01年に軟式野球の参加児童数は32万1629人だったが、昨年は17万4343人にまで減少。21万2239人のサッカーにも逆転されている。少子化だけが理由でなく、小学生の野球離れが起きているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る