小学生はサッカー好き 野球離れの食い止め策は母親にあり

公開日: 更新日:

 野球が心配だ。クラレが今春小学校を卒業した子供とその親を対象に「将来就きたい職業」についてアンケートを実施。結果は、男の子がスポーツ選手(22%)、女の子は医師(8%)が1位になった。また、今どきらしく、男の子の13位には「ユーチューバー」(1.9%)が入っている。ちなみに、親に聞いた「就かせたい職業」のトップは男の子が公務員、女の子が看護師だ。

 スポーツ選手の人気は昔から不動だが、その内訳を見ると、親世代とは大きな差が……。「サッカー」が42%で、「野球」の28%を大きく引き離しているのだ。

 日本中学校体育連盟のデータでは、01年に軟式野球の参加児童数は32万1629人だったが、昨年は17万4343人にまで減少。21万2239人のサッカーにも逆転されている。少子化だけが理由でなく、小学生の野球離れが起きているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る