プロが伝授! シッポで分かる猫と仲良く暮らす9つのヒント

公開日: 更新日:

 愛猫が何を考えているのかよく分からない。そう思ったらしっぽに注目してみよう。ネコのしっぽの動きは、感情を雄弁に表現しているのだ。

 キャットシッターとして延べ5万匹以上のネコと接した経験から、「猫の學校」(ポプラ社)などの著書を執筆し、全国で猫スクールセミナーを展開している南里秀子さんに、しっぽで感情を読み解くヒントを教えてもらった。

①上の方にピンと立てている
 相手に気を許しているサイン。ご機嫌、好意、遊んでほしい、求愛などの感情の表れである。この状態では、デリケートな部位(肛門や性器)を相手に見せている。つまり、相手を信頼している、敵意がないというわけだ。

②水平方向にまっすぐ伸ばしている
 相手に友好的、あるいは敵意がない状態。この後、多くのネコは、相手の体や持ち物に体をこすりつけ、なわばりを示すための匂いづけをする。シッティングで初めて会うネコは、最初はたいていこのしっぽの状態。こちらの様子を十分観察した上で、大丈夫そうだと分かると、しっぽを立てて、シッターのふくらはぎにこすりつける。これがシッターとネコとの「よろしくね」のあいさつなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る