温泉宿で男性が転落死 一戸建て“危険な手すり”の見分け方

公開日:

 温泉宿の手すりにもたれて転落死――。こんな事故が起きていたことが分かった。

 今年5月、栃木県那須塩原市の旅館で中年男性が2階の窓のアルミ製手すりに寄りかかったところ、手すりがはずれて転落。男性は死亡した。

「男性は県外から観光に来たグループのひとり。夜9時ごろ、アスファルトの道路に落ちて全身を打ち、とくに頭の損傷が激しかった。15分後に救急隊が到着したときには呼吸はしていたものの、呼びかけへの反応はありませんでした」(地元関係者)

 観光業への悪影響を警戒しているのか、この事故に関しては警察も消防も歯切れが悪い。ただ、アルミ製の手すりが製造から35年以上経過していたことは分かっている。

 先月、大阪北部地震で小学校の壁が崩れて9歳の女の子が死亡し、ブロック塀の安全性が注目された。今回の事故で「俺の家の手すりは大丈夫か」と心配になる人もいるだろう。独立行政法人「製品評価技術基盤機構」技術業務課課長の松本敏彦氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る