• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

温泉宿で男性が転落死 一戸建て“危険な手すり”の見分け方

 温泉宿の手すりにもたれて転落死――。こんな事故が起きていたことが分かった。

 今年5月、栃木県那須塩原市の旅館で中年男性が2階の窓のアルミ製手すりに寄りかかったところ、手すりがはずれて転落。男性は死亡した。

「男性は県外から観光に来たグループのひとり。夜9時ごろ、アスファルトの道路に落ちて全身を打ち、とくに頭の損傷が激しかった。15分後に救急隊が到着したときには呼吸はしていたものの、呼びかけへの反応はありませんでした」(地元関係者)

 観光業への悪影響を警戒しているのか、この事故に関しては警察も消防も歯切れが悪い。ただ、アルミ製の手すりが製造から35年以上経過していたことは分かっている。

 先月、大阪北部地震で小学校の壁が崩れて9歳の女の子が死亡し、ブロック塀の安全性が注目された。今回の事故で「俺の家の手すりは大丈夫か」と心配になる人もいるだろう。独立行政法人「製品評価技術基盤機構」技術業務課課長の松本敏彦氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る