宝くじ賞金を慈善活動に カナダ元ミスコン優勝者の人生観

公開日: 更新日:

 ミスコンでチャリティー精神をアピールする出場者は珍しくないが、彼女の場合は本物だった!

 宝くじの賞金を全て慈善活動に使っている元ミスコン優勝者に注目が集まっている。

 BBC(6日付電子版)などによると、カナダ・モントリオール出身のレイチェル・ラピエールさん(56)は1982年にミス・ケベック大会で優勝。1年間、ミスとして活動した後、モデル学校を経営するなどして業界でのキャリアを確立した。

 結婚、子育て後に看護師資格を取得し、救急医療に従事しながら、人道活動団体でボランティアをした。

 そして2013年、宝くじに大当たりし、毎週1000ドル(約11万円)を生涯、受け取ることに。普通なら、自分や家族のために使うだろうが、ラピエールさんはすぐに独自の慈善団体「Le Book Humanitaire」を設立。地元モントリオールやハイチ、セネガル、インドなどで貧困にあえぐ人々を支援している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る