• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝くじ賞金を慈善活動に カナダ元ミスコン優勝者の人生観

 ミスコンでチャリティー精神をアピールする出場者は珍しくないが、彼女の場合は本物だった!

 宝くじの賞金を全て慈善活動に使っている元ミスコン優勝者に注目が集まっている。

 BBC(6日付電子版)などによると、カナダ・モントリオール出身のレイチェル・ラピエールさん(56)は1982年にミス・ケベック大会で優勝。1年間、ミスとして活動した後、モデル学校を経営するなどして業界でのキャリアを確立した。

 結婚、子育て後に看護師資格を取得し、救急医療に従事しながら、人道活動団体でボランティアをした。

 そして2013年、宝くじに大当たりし、毎週1000ドル(約11万円)を生涯、受け取ることに。普通なら、自分や家族のために使うだろうが、ラピエールさんはすぐに独自の慈善団体「Le Book Humanitaire」を設立。地元モントリオールやハイチ、セネガル、インドなどで貧困にあえぐ人々を支援している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る