アドバイザーが指摘 婚活好条件の“理系男子”はココが残念

公開日:

 毎週末、都内の有名ホテルのラウンジは、お見合い中のカップルに占拠されている。大勢の男女が“負けられない戦い”に挑んでいるのだ。

 婚活男性の中で好条件の部類に入るのが国立大卒の理系サラリーマンである。大抵、性格は真面目で、給料も高い。夫としてもパパとしても申し分ないと想像される。

 もっとも、彼らが全員、スムーズに伴侶を見つけられるかといえば、話が違ってくる。

 最近はSNSによる顔の見えないコミュニケーションが日常的になり、「対面によるリアルな女性との会話」に悩む男性が少なくないという。初対面のお見合いとなれば、さらにドギマギする。会話はブツリブツリと途切れ、ついぶっきらぼうになってしまうことも多い。それで破談になることも珍しくない。婚活アドバイザーの植草美幸さんは「デートが成り立つカップルと、残念なカップルは一目瞭然ですね」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る