極楽のような宮城蔵王の野湯 隔てるものが何もない超絶景

公開日:

#14 羚羊温泉(宮城県)

 野湯といえば、山道を何時間も歩いて苦労してたどり着いたのに、ただの水たまりみたいなところ(実際に冷たい鉱泉の場合も!)も結構あります。入り心地なんて関係ない! というツワモノもいますが、私はやっぱり温泉はゆったりと気持ちいいのが一番。そういう意味では野湯らしくない、極楽のような野湯が宮城県の蔵王にあります。

 行ったのは2012年の6月。お馴染み温泉達人会の野湯の会の仲間たちと一緒です。駐車場から歩いて谷を下り、さらに登り返すこと1時間半。所要時間は大したことありませんが、アップダウンがきつかった~! 行きにアップダウンがあるということは、帰りもアップダウンがあるということ。途中で心が折れそうになりましたが、なんとかたどり着くことができました。

 目的地の「羚羊温泉」は、もともと一軒宿があったのですが、大規模な雪崩で流されてしまい、今では土台と食器などの残骸が残るだけです。内湯と思える廃浴槽もありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る