極楽のような宮城蔵王の野湯 隔てるものが何もない超絶景

公開日:

#14 羚羊温泉(宮城県)

 野湯といえば、山道を何時間も歩いて苦労してたどり着いたのに、ただの水たまりみたいなところ(実際に冷たい鉱泉の場合も!)も結構あります。入り心地なんて関係ない! というツワモノもいますが、私はやっぱり温泉はゆったりと気持ちいいのが一番。そういう意味では野湯らしくない、極楽のような野湯が宮城県の蔵王にあります。

 行ったのは2012年の6月。お馴染み温泉達人会の野湯の会の仲間たちと一緒です。駐車場から歩いて谷を下り、さらに登り返すこと1時間半。所要時間は大したことありませんが、アップダウンがきつかった~! 行きにアップダウンがあるということは、帰りもアップダウンがあるということ。途中で心が折れそうになりましたが、なんとかたどり着くことができました。

 目的地の「羚羊温泉」は、もともと一軒宿があったのですが、大規模な雪崩で流されてしまい、今では土台と食器などの残骸が残るだけです。内湯と思える廃浴槽もありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る