• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

日本のこだわりを海外の生産者に強要し欧米に“買い負け”

 野菜の色や形に異常にこだわるなど、ガラパゴス化している日本の農業。とくに、形に対するこだわりは、外国では考えられないほどだ。

 たとえばトマトである。まず、サイズによって2L、L、M、S、2Sの5種類(地域によって3Lもある)に分けられる。さらに、それぞれ色の違いなどによって秀(A)、優(B)、良(C)の3種類に分けられる。トータルで15通りに細かく分けられ、このサイズに該当しないものは直売するか、売り先がなければ廃棄処分となる。もちろん夜なべしながら選り分けるのは農家だ。

 なぜこんなことをするかというと、形の揃ったトマトだと売りやすいからである。

 ちなみに生シイタケも等級別に4種類、階級別に7種類に分類されるから28通りある。さらにカット野菜は、たとえばみじん切りだと1・5ミリから20ミリまでミリ単位で10段階に分けられる。サイズだけでなく、色、形によっても細かい規格があり、この規格から外れると、やはり「外品」として極端に安くなってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る