奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。近著に「ゆかいな認知症 介護を『快護』に変える人」(講談社現代新書)がある。

日本のこだわりを海外の生産者に強要し欧米に“買い負け”

公開日: 更新日:

 野菜の色や形に異常にこだわるなど、ガラパゴス化している日本の農業。とくに、形に対するこだわりは、外国では考えられないほどだ。

 たとえばトマトである。まず、サイズによって2L、L、M、S、2Sの5種類(地域によって3Lもある)に分けられる。さらに、それぞれ色の違いなどによって秀(A)、優(B)、良(C)の3種類に分けられる。トータルで15通りに細かく分けられ、このサイズに該当しないものは直売するか、売り先がなければ廃棄処分となる。もちろん夜なべしながら選り分けるのは農家だ。

 なぜこんなことをするかというと、形の揃ったトマトだと売りやすいからである。

 ちなみに生シイタケも等級別に4種類、階級別に7種類に分類されるから28通りある。さらにカット野菜は、たとえばみじん切りだと1・5ミリから20ミリまでミリ単位で10段階に分けられる。サイズだけでなく、色、形によっても細かい規格があり、この規格から外れると、やはり「外品」として極端に安くなってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る