• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

日本の農家が好んで使う “ミツバチ大量死”農薬の危険性

 前回で触れたネオニコチノイド系農薬が登場したのは90年代だが、日本でも安全で使い勝手がいいといわれ、2000年以降は大量に使われるようになった。

 ところが欧州など各国でミツバチが大量死したことで危険性が指摘される。まずEUがネオニコチノイド系農薬の一部を禁止し、新規登録を承認しないようにした。北米でも新規登録を中止、もしくは規制を強化している。日本でもミツバチが大量死しているのだが、それなのに、なぜか日本だけが残留基準値を緩和しているのである。

 たとえば、昨年、EUなどが規制しているグリホサートを大幅に規制緩和したのと同時に、ネオニコチノイド系農薬のスルホキサフロルも承認したことがそうだ。

 かつて全盛を誇ったのが有機リン系農薬だったが、その多くが人間や水生生物に毒性が強いとわかり、使用禁止になった(今も日本の農薬使用量の半分は有機リン系である)。代わって人間にやさしいといわれて登場したのが、このネオニコチノイド系農薬である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る