奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

パンとパスタは危ない…輸入小麦は防カビ剤と混ぜられる

公開日: 更新日:

「お米とパンではどっちが安全ですか?」と尋ねられたことがある。もう十数年前のことだ。このときは迷わず「お米です」と答えた。その理由を説明する。

 日本が小麦を輸入しているのは主にアメリカからだが、タンカーで運べば、日本に到着するまで数カ月かかる。収穫してすぐに運ぶなら問題はないが、投機商品だから値が上がるまで数カ月間貯蔵することもある。その間にアフラトキシンのようなカビが発生したら大損だ。

 ちなみに、アフラトキシンの毒性は、発がん物質であるダイオキシンの10倍以上といわれ、地上最強のカビ毒である。たとえ微量であっても、食べ続けていたら確実にがんになるという猛毒だ。日本の港に着いた時にアフラトキシンに汚染されていれば、廃棄処分するしかない。

 そこで、事前に防カビ剤(農薬)をまいておくのだが、その方法が煙で燻すような燻蒸ではなく、小麦を積んだタンカーのハッチを開けて、農薬をそのままぶっかけて撹拌するという荒っぽさである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る