• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

パンとパスタは危ない…輸入小麦は防カビ剤と混ぜられる

投稿日:

「お米とパンではどっちが安全ですか?」と尋ねられたことがある。もう十数年前のことだ。このときは迷わず「お米です」と答えた。その理由を説明する。

 日本が小麦を輸入しているのは主にアメリカからだが、タンカーで運べば、日本に到着するまで数カ月かかる。収穫してすぐに運ぶなら問題はないが、投機商品だから値が上がるまで数カ月間貯蔵することもある。その間にアフラトキシンのようなカビが発生したら大損だ。

 ちなみに、アフラトキシンの毒性は、発がん物質であるダイオキシンの10倍以上といわれ、地上最強のカビ毒である。たとえ微量であっても、食べ続けていたら確実にがんになるという猛毒だ。日本の港に着いた時にアフラトキシンに汚染されていれば、廃棄処分するしかない。

 そこで、事前に防カビ剤(農薬)をまいておくのだが、その方法が煙で燻すような燻蒸ではなく、小麦を積んだタンカーのハッチを開けて、農薬をそのままぶっかけて撹拌するという荒っぽさである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る