スンダリ・ミカさん<3>友人に触発されネパール行きを決断

公開日: 更新日:

 音楽を続けられる環境を前提に就職先を決めたので、会社員時代もライブ活動をやっていた。高校時代の演劇仲間や大学時代に知り合った音楽仲間と一緒に、「スンダリバンド」と「ハルモニア」というバンドをやっていたという。

「スンダリバンドはネパールの民謡をプログラミングで再現するバンド。私の歌手名にもなっている“スンダリ”というのは、ネパール語で“美しい”という意味です。学生時代に訪れ、毎春通ったネパールで現地の方から教えてもらった音楽でしたが、珍しいネパールの曲を目当てに来てくださるお客さんたちもいました。ハルモニアは日本のポップスやオリジナルソングを歌うバンドでした」

 ライブハウスはノルマが厳しいが、公共の施設ならさほどカネもかからずに借りられる。まずは場所を決めてから、客を集めてライブを開催していた。

「勤めていた東京学参にパートで来ていた方がファンになってくださって、ライブに来てくれたこともあります。東京学参には当時、芝居をやっている人も多くいて、会社の人たちでチケットを買ったりもしていたんです。残業もほとんどないので、みんなそれぞれ自分のやりたいことに時間を使える環境でした。残業するのは収入が欲しいとき、という感じでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る