スンダリ・ミカさん<3>友人に触発されネパール行きを決断

公開日: 更新日:

 音楽を続けられる環境を前提に就職先を決めたので、会社員時代もライブ活動をやっていた。高校時代の演劇仲間や大学時代に知り合った音楽仲間と一緒に、「スンダリバンド」と「ハルモニア」というバンドをやっていたという。

「スンダリバンドはネパールの民謡をプログラミングで再現するバンド。私の歌手名にもなっている“スンダリ”というのは、ネパール語で“美しい”という意味です。学生時代に訪れ、毎春通ったネパールで現地の方から教えてもらった音楽でしたが、珍しいネパールの曲を目当てに来てくださるお客さんたちもいました。ハルモニアは日本のポップスやオリジナルソングを歌うバンドでした」

 ライブハウスはノルマが厳しいが、公共の施設ならさほどカネもかからずに借りられる。まずは場所を決めてから、客を集めてライブを開催していた。

「勤めていた東京学参にパートで来ていた方がファンになってくださって、ライブに来てくれたこともあります。東京学参には当時、芝居をやっている人も多くいて、会社の人たちでチケットを買ったりもしていたんです。残業もほとんどないので、みんなそれぞれ自分のやりたいことに時間を使える環境でした。残業するのは収入が欲しいとき、という感じでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る