残間里江子さん<3>「三島由紀夫自決」速報中と知らずに…

公開日:

 静岡放送にアナウンサーとして入社したものの、東北弁は抜けていなかった。アクセント辞典を片手に一人で繰り返し練習する日々が始まった。

「40歳くらいの女性の先輩が2人いて、お昼になると必ず毎日どちらかが内線をかけてきて誘われてランチに行きました。その都度アドバイス、というよりお説教に近かったですが、いろいろ注意されました。『そのアヒルが風邪ひいたような歩き方はステージでおかしいわよ』と頭に本をのせながら歩く練習をさせられたり、『そういう口の利き方をしてはいけない』と正しい言葉遣いを指導されたり……。同期の美人アナは注意されないのに、私ばかり。多分、私は叱りやすかったんだと思います。丸顔で、叱責されても明日も元気に出社するという感じでしたからね」

 今は、「叱られたからこそ覚えたことが多かった」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る