残間里江子さん<3>「三島由紀夫自決」速報中と知らずに…

公開日: 更新日:

 静岡放送にアナウンサーとして入社したものの、東北弁は抜けていなかった。アクセント辞典を片手に一人で繰り返し練習する日々が始まった。

「40歳くらいの女性の先輩が2人いて、お昼になると必ず毎日どちらかが内線をかけてきて誘われてランチに行きました。その都度アドバイス、というよりお説教に近かったですが、いろいろ注意されました。『そのアヒルが風邪ひいたような歩き方はステージでおかしいわよ』と頭に本をのせながら歩く練習をさせられたり、『そういう口の利き方をしてはいけない』と正しい言葉遣いを指導されたり……。同期の美人アナは注意されないのに、私ばかり。多分、私は叱りやすかったんだと思います。丸顔で、叱責されても明日も元気に出社するという感じでしたからね」

 今は、「叱られたからこそ覚えたことが多かった」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る