ダイキンに聞く エアコンの効き目を決める室外機の注意点

公開日:

 真夏の正午、気温33度の街路で歩行者が受ける熱量は、6畳で1000ワットの電気ストーブを10台使用したときのそれに相当するそうだ。そんな中で過ごしていれば具合が悪くなるのも当たり前だろう。そこでエアコンの出番となるのだが、その能力を最大限に引き出すには、正しい使い方の理解が欠かせない。

 東京23区内で7月1~24日までに熱中症で亡くなったのは71人。そのほとんど(67人)が屋内で死亡していた。最初から設置していなかったケースもあるが、命を守るにはエアコンを適切に使うことが大事なのだ。

 そのポイントは、室外機にある。ダイキン工業の広報担当者が言う。

「室外機は、室内機が部屋の中で取り込んだ熱を風に乗せて逃がす役割を果たしています。十分に仕事をさせるには、ファンの前や周囲にモノを置かないこと。うまく熱を放出できなければ冷却効率が悪くなり、余計に電気を食うことになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る