• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

丸美屋「麻婆豆腐の素」が一貫して守り続けるものとは

 用意する食材は豆腐だけ。丸美屋食品工業の「麻婆豆腐の素」は1971年の発売以来、誰でも簡単に味わえるおいしさでロングセラーを続けるメニュー用調味料だ。近年は豆腐人気も追い風となり過去最高の売り上げを更新中。今年も順調に売れている。

 麻婆豆腐が日本に広まり始めたのは60年代後半。それから数年後の71年に、丸美屋の「麻婆豆腐の素」は誕生した。

「安くて栄養もある豆腐を使いたいが、メニューの定番は冷ややっこや味噌汁などで、今ほど広がりがなかった。そこで、当時はまだ一部の中華料理専門店でしか食べられなかった麻婆豆腐に着目。いつもの豆腐の新しい食べ方として提案すれば支持されると確信し、商品化を決めた」(マーケティング部中華即席チームの新井信吾氏)

 日本人の味覚に合わせた家庭的な味わいを目指して開発。「ひき肉入り」で、簡便性も追求した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る