山崎元さん<3>安室を歌い「山一自主廃業」の報道を待った

公開日:

 8社目に選んだのは、日本の4大証券のひとつ、山一証券だった。しかし、入社2年後の1997年11月24日に自主廃業する。当時の野沢正平社長が泣きながら、「社員は悪くありません」と訴えた会見は有名だ。

「目測を誤りましたね。5年くらいは持つだろうと考えていたんです。しかも、ダメになっても外資系の金融機関に買収されるだろうと思っていましたから。ただ、自主廃業が明らかになる3連休の前の金曜日に、ムーディーズの格付けが下がって、来週はカネが続かないなとは思っていました」

 金曜の夜、知り合いのジャーナリストから「大蔵省で会見がある」と電話が鳴る。この時点では「クレディ・スイスあたりに買収されるだろうなと踏んでいた」と振り返る。

「同じ部署の部下と2人で、当時住んでいた高田馬場のアジア人のお姉さんがいる店でお酒飲んで歌いながら会見の結果を待っていたんです。安室奈美恵がはやっているころで、私が『ドント・ワナ・クライ』を歌っている時に、『明日の日経の見出しが“山一自主廃業”に決まった』との一報をもらいました。閉店まで飲んで、お姉さんを連れてデニーズで朝ごはんを食べて帰ってから朝刊を読んだら、やっぱり自主廃業でした。しかたない、と気持ちを切り替えましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る