電池問題は解消へ? スマホ「バッテリーシェア」の可能性

公開日:

「スマホの電池がすぐ切れる!」と嘆いている人は多いはず。モバイルバッテリーを持ち歩いていても、充電を忘れ、肝心な時に“使えない!”といった笑うに笑えない失敗もあるだろう。

 そんな時に便利なサービスが、「モバイルバッテリーシェア」だ。カーシェアやシェアサイクルのように街中のレンタル機でモバイルバッテリーを貸し出してくれるサービスで、使い終わったら基本的にどのレンタル機に返してもOKだ。

 コンビニの据え置き型充電器のようにスマホを預ける必要がなく、レンタルしたバッテリーを使って移動しながら充電できるのがミソ。シェアリングエコノミー先進国の中国では、昨年だけで90都市に60万台以上のレンタル機が整備されたという。

 日本では、今年4月に東京都渋谷区を中心にスタートした「チャージスポット」では、1時間100円・48時間200円でモバイルバッテリーが借りられる。ただし、返却期限を過ぎると、「購入」となり、事前にデポジットした1500円が徴収される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る