電池問題は解消へ? スマホ「バッテリーシェア」の可能性

公開日: 更新日:

「スマホの電池がすぐ切れる!」と嘆いている人は多いはず。モバイルバッテリーを持ち歩いていても、充電を忘れ、肝心な時に“使えない!”といった笑うに笑えない失敗もあるだろう。

 そんな時に便利なサービスが、「モバイルバッテリーシェア」だ。カーシェアやシェアサイクルのように街中のレンタル機でモバイルバッテリーを貸し出してくれるサービスで、使い終わったら基本的にどのレンタル機に返してもOKだ。

 コンビニの据え置き型充電器のようにスマホを預ける必要がなく、レンタルしたバッテリーを使って移動しながら充電できるのがミソ。シェアリングエコノミー先進国の中国では、昨年だけで90都市に60万台以上のレンタル機が整備されたという。

 日本では、今年4月に東京都渋谷区を中心にスタートした「チャージスポット」では、1時間100円・48時間200円でモバイルバッテリーが借りられる。ただし、返却期限を過ぎると、「購入」となり、事前にデポジットした1500円が徴収される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る