電池問題は解消へ? スマホ「バッテリーシェア」の可能性

公開日:

「スマホの電池がすぐ切れる!」と嘆いている人は多いはず。モバイルバッテリーを持ち歩いていても、充電を忘れ、肝心な時に“使えない!”といった笑うに笑えない失敗もあるだろう。

 そんな時に便利なサービスが、「モバイルバッテリーシェア」だ。カーシェアやシェアサイクルのように街中のレンタル機でモバイルバッテリーを貸し出してくれるサービスで、使い終わったら基本的にどのレンタル機に返してもOKだ。

 コンビニの据え置き型充電器のようにスマホを預ける必要がなく、レンタルしたバッテリーを使って移動しながら充電できるのがミソ。シェアリングエコノミー先進国の中国では、昨年だけで90都市に60万台以上のレンタル機が整備されたという。

 日本では、今年4月に東京都渋谷区を中心にスタートした「チャージスポット」では、1時間100円・48時間200円でモバイルバッテリーが借りられる。ただし、返却期限を過ぎると、「購入」となり、事前にデポジットした1500円が徴収される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る