楽天のキャリア参入は高すぎる携帯電話料金に風穴開けるか

公開日:

 サラリーマン家庭で、大手キャリアーのスマホを家族全員で使っていたら、大変な出費になります。安くても、1人7000~1万円近い金額ですから、3人家族なら、合計で2万~3万円近くもの出費になるからです。1年間で24万~36万円、10年で240万~360万円……と計算すると、改めて携帯電話料金は“高いなぁ”と実感するはず。

 ガラケーなら、まだ我慢できた費用が、どの家庭でも一段と高くなったのは間違いありません。スマホの登場以来、大手キャリアーはお客から高額料金を徴収し、“我が世の春”を謳歌しています。

 各社の2017年度決算は次の通り。ソフトバンクの売り上げは9兆1587億円で営業利益は1兆3038億円。NTTドコモは同4兆7694億円で営業利益は9733億円、auのKDDIは同5兆419億円で営業利益は9627億円でした。いずれも、営業利益率は2桁で、ソフトバンクが14%、NTTドコモが20%、KDDIが19%。荒稼ぎ状態です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る