楽天のキャリア参入は高すぎる携帯電話料金に風穴開けるか

公開日: 更新日:

 サラリーマン家庭で、大手キャリアーのスマホを家族全員で使っていたら、大変な出費になります。安くても、1人7000~1万円近い金額ですから、3人家族なら、合計で2万~3万円近くもの出費になるからです。1年間で24万~36万円、10年で240万~360万円……と計算すると、改めて携帯電話料金は“高いなぁ”と実感するはず。

 ガラケーなら、まだ我慢できた費用が、どの家庭でも一段と高くなったのは間違いありません。スマホの登場以来、大手キャリアーはお客から高額料金を徴収し、“我が世の春”を謳歌しています。

 各社の2017年度決算は次の通り。ソフトバンクの売り上げは9兆1587億円で営業利益は1兆3038億円。NTTドコモは同4兆7694億円で営業利益は9733億円、auのKDDIは同5兆419億円で営業利益は9627億円でした。いずれも、営業利益率は2桁で、ソフトバンクが14%、NTTドコモが20%、KDDIが19%。荒稼ぎ状態です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る