• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

3.11震災と反日デモ 2大危機を乗り越え業界ナンバーワンに

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<4>

 創立から30年目のフジ国際語学院は、業界ナンバーワンの進学実績を誇るが、その道のりは決して平坦ではなかった。

「最初の10年間はとにかく有望な学生を集め、日本の国立大学に送り込むことを目標としました。学力が偏らぬよう学生の半分を高卒、半分を大卒に決め、実行するのに苦心しました」(Z氏)

 結果は狙い通り。毎年のように卒業生の80%が国立大学や大学院に進学――という輝かしい実績を残し、語学院の名も世に知られるようになった。しかし、予想外の出来事で学校のイメージが損なわれたこともある。

「1995年のことでした。あるテレビ番組が当時、歌舞伎町で多くの外国人がオーバーステイで不法就労していることを報道するため、ウチの学校の授業風景を勝手にイメージカットとして放送したのです。マスコミは怖いですね。思い出すと今でも腹が立ちます」(Z氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る