周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

初代理事長の急死で自ら語学院の経営者になり才覚を発揮

公開日:

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<3>

 フジ国際語学院が設立される時点から、Z氏は不本意ながらも学校の経営に関わっていた。が、彼女が抱えていた不安が現実となるまで、あまり時間がかからなかった。

「実はフジ国際語学院の設立に当たって、保証人以外もう一人のビジネスパートナーがいました。事もあろうに、その上海出身の中国人女性が、入学金以外、高額な手数料を応募者からせしめようとした。そのせいで、1期生は定員500人に対し十数人しかいないという散々なスタートでした」(古参スタッフ)

 アクシデントはこれだけではなかった。学校経営が何とか滑り出した翌年、初代理事長であるZ氏の保証人が急死。訃報が全校に伝わり、動揺した教師と生徒たちが次々と事務室に駆け込んできた――。

「同胞たちの困り果てた顔を見て、私は腹をくくりました。しばらくは自分の夢を諦めて学校の大黒柱とならざるを得ない。教職員たちと一緒に目前の困難を乗り越えるために身を粉にして頑張るつもりでした」(Z氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る