周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

初代理事長の急死で自ら語学院の経営者になり才覚を発揮

公開日:

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<3>

 フジ国際語学院が設立される時点から、Z氏は不本意ながらも学校の経営に関わっていた。が、彼女が抱えていた不安が現実となるまで、あまり時間がかからなかった。

「実はフジ国際語学院の設立に当たって、保証人以外もう一人のビジネスパートナーがいました。事もあろうに、その上海出身の中国人女性が、入学金以外、高額な手数料を応募者からせしめようとした。そのせいで、1期生は定員500人に対し十数人しかいないという散々なスタートでした」(古参スタッフ)

 アクシデントはこれだけではなかった。学校経営が何とか滑り出した翌年、初代理事長であるZ氏の保証人が急死。訃報が全校に伝わり、動揺した教師と生徒たちが次々と事務室に駆け込んできた――。

「同胞たちの困り果てた顔を見て、私は腹をくくりました。しばらくは自分の夢を諦めて学校の大黒柱とならざるを得ない。教職員たちと一緒に目前の困難を乗り越えるために身を粉にして頑張るつもりでした」(Z氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る