• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

初代理事長の急死で自ら語学院の経営者になり才覚を発揮

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<3>

 フジ国際語学院が設立される時点から、Z氏は不本意ながらも学校の経営に関わっていた。が、彼女が抱えていた不安が現実となるまで、あまり時間がかからなかった。

「実はフジ国際語学院の設立に当たって、保証人以外もう一人のビジネスパートナーがいました。事もあろうに、その上海出身の中国人女性が、入学金以外、高額な手数料を応募者からせしめようとした。そのせいで、1期生は定員500人に対し十数人しかいないという散々なスタートでした」(古参スタッフ)

 アクシデントはこれだけではなかった。学校経営が何とか滑り出した翌年、初代理事長であるZ氏の保証人が急死。訃報が全校に伝わり、動揺した教師と生徒たちが次々と事務室に駆け込んできた――。

「同胞たちの困り果てた顔を見て、私は腹をくくりました。しばらくは自分の夢を諦めて学校の大黒柱とならざるを得ない。教職員たちと一緒に目前の困難を乗り越えるために身を粉にして頑張るつもりでした」(Z氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る