• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

体操協会より醜いパワハラ実態…前任者は3日でギブアップ

投稿日:

「辞めた派遣先は、時給が高いので飛びついたのですが、訳あり物件だからみたいですね。仲良くなった同僚に聞いた話では、正社員を部下に付けて辞められると大変だから、いつでも替えの利く派遣をあてがっているとのこと。ホント、なめていますよね」

 こう語るA子さんは「派遣は転職が簡単だと考えていたが、立場が弱いので難しい。多少強引でも主張をしていかないとマズイことが分かりました。もう少し辞めるのが遅ければ、ウツになっていたかも」と言って無理に笑う。

 就職支援サービス「ハタラクティブ」によると、パワハラやセクハラで辞めた経験のある人は4割に上る。私は怒鳴り散らす人の前だけ手足を動かすなど要領よくやっているが。

 記者会見とまでいかなくても、自分の身を守る覚悟がなければ派遣は続けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る