中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

体操協会より醜いパワハラ実態…前任者は3日でギブアップ

公開日:

「辞めた派遣先は、時給が高いので飛びついたのですが、訳あり物件だからみたいですね。仲良くなった同僚に聞いた話では、正社員を部下に付けて辞められると大変だから、いつでも替えの利く派遣をあてがっているとのこと。ホント、なめていますよね」

 こう語るA子さんは「派遣は転職が簡単だと考えていたが、立場が弱いので難しい。多少強引でも主張をしていかないとマズイことが分かりました。もう少し辞めるのが遅ければ、ウツになっていたかも」と言って無理に笑う。

 就職支援サービス「ハタラクティブ」によると、パワハラやセクハラで辞めた経験のある人は4割に上る。私は怒鳴り散らす人の前だけ手足を動かすなど要領よくやっているが。

 記者会見とまでいかなくても、自分の身を守る覚悟がなければ派遣は続けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る