橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

若者や苦手な相手とのコミュニケーション術をさぐる

公開日:

 知り合いの男子学生が、72歳の女性が経営する小料理屋でバイトをしている。店の従業員は彼しかいない。客のほとんどは近所の高齢者だという。酒よりも話がしたくてやって来るそうだ。昔話を繰り返すだけだが、彼は高齢者への思いやりと、敬意を表して聞いているという。

 しかし、毎回同じ話をするのでうんざりすることもあるという。年寄りとのコミュニケーションは難しい。中には会話が苦手な人だっている。それでも店に来るのは、孤独で寂しいからだろう。

 僕が一番苦手なのは、家電量販店の店員だ。新しいパソコンを買いに行ったときのことだが、どの機種がいいのか迷っていると、若い営業マンが、「お薦めはこれです」と話しかけてきた。いろいろ説明するのだが、専門用語を駆使されて何が何だか分からない。年寄りは細かなスペックより、どうすれば簡単に使えるかを知りたいだけなのだ。だが、彼はそんなことにはお構いなしに、理解できない専門用語を一方的に話し続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る