外で遊べない難病6歳児と 心優しい警察官に生まれた“友情”

公開日:  更新日:

 米アラバマ州の“小学校”に駐在する心優しい警察官と、6歳の男の子の“友情”に共感が集まっている。

 地元テレビ局WKRGの「NEWS5」(9月28日付電子版)によると、今年8月から同州の「ベイ・ミネット・エレメンタリー・スクール」で駐在警察官として勤務しているロナルド・サラディンさんは、昼休みなどに子供たちが外で遊んでいる時、いつもある男の子がひとりポツンと校舎の中で過ごしているのに気付いた。

 ブレイロン・ヘンソン君(6)で、生まれつき汗腺などに形成不全がある「外胚葉異形成症」という難病を抱えている。汗で体を冷やすことができないため、気温が摂氏23度を超えると発熱する恐れがある。それで室内で過ごすことが多いのだ。

 ブレイロン君の母親は、外で遊べない息子がイジメられないかと心配していたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る