田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

賭け将棋の真剣師と師範の勝負に子供ながら緊張感を覚えた

公開日: 更新日:

 1964(昭和39)年2月。将棋に夢中になっていた私(当時13)は、中学校からの帰り道に、民家の1階にある将棋道場をガラス越しによくのぞいた。

 私は当時、東京の荒川区南千住に住んでいて、歩いて数分の都電荒川線・三ノ輪橋の電停の近くにその道場があった。

 道場は12畳ほどの広さ。紫煙がけむる中で大人たちが将棋を指していた。子どもが気軽に入れる雰囲気ではなかったが、もっと上達したいという思いが募った。母親を介して事前に了解を得て、その道場に初めて行った。

 私が最初に指したのは年配の席主の人で、アマ三段の棋力だという。平手の手合で指したが、もちろん歯が立たなかった。席主は私を8級に認定し、「また、おいで。どんどん指せば強くなるよ。子どもだから席料は50円でいいよ(通常は100円)」と励ましてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る