田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

賭け将棋の真剣師と師範の勝負に子供ながら緊張感を覚えた

公開日: 更新日:

 1964(昭和39)年2月。将棋に夢中になっていた私(当時13)は、中学校からの帰り道に、民家の1階にある将棋道場をガラス越しによくのぞいた。

 私は当時、東京の荒川区南千住に住んでいて、歩いて数分の都電荒川線・三ノ輪橋の電停の近くにその道場があった。

 道場は12畳ほどの広さ。紫煙がけむる中で大人たちが将棋を指していた。子どもが気軽に入れる雰囲気ではなかったが、もっと上達したいという思いが募った。母親を介して事前に了解を得て、その道場に初めて行った。

 私が最初に指したのは年配の席主の人で、アマ三段の棋力だという。平手の手合で指したが、もちろん歯が立たなかった。席主は私を8級に認定し、「また、おいで。どんどん指せば強くなるよ。子どもだから席料は50円でいいよ(通常は100円)」と励ましてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る