スコラ・コンサルト辰巳和正社長 2冊の書で「働く」を学ぶ

公開日:

 ヤマト運輸などを代表例に、長時間労働やパワハラの問題が企業に暗い影を落としている。今回登場する辰巳和正さん(45)は、「働くとは?」という本質を問いかける企業風土改革を主とするコンサル企業のトップ。職場の人間関係も含めて、企業の地力強化を提案する。

 JR五反田駅から徒歩2分。ギャラリーや工房が同居する開放的なビルのワンフロア。辰巳さんは折り目正しくも満面の笑みだ。

「3年前に社長になって、まずは同じ五反田のオフィスビルからこのビルに引っ越してきました。企業風土改革といっても、こんな小さなことの積み重ねであって、『2S』の整理・整頓でもいい。整頓して業績が上がるものかといぶかる人もいるでしょうが、社員が一緒に目指す前向きな目標があれば、そこが蟻の一穴となって、企業風土は変わっていくものなのです」

 辰巳さんは日本生命を退社し、10年前にこの業界に身を投じた。前職では、28歳で40人の部下を抱えるエリート社員だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る