クラウドクレジット社長・杉山智行氏 1年前に500冊“自炊”

公開日:

 貯蓄から長期分散投資へ。書店のマネーコーナーには、そのためのノウハウを解説する雑誌や書籍がズラリと並ぶ。そんな流れの中、個人投資家の資金を、主に新興国の事業などに結びつける「投資型クラウドファンディング」で注目を集めるのが、クラウドクレジットだ。その取り組みは、大手企業も注目。伊藤忠商事が出資するほか、業務提携した電通は子会社を通じて同社の株式を将来購入できる新株予約権を取得している。業界注目の若手敏腕社長の読書術とは――。

「きょうは、本棚のお話ですよねぇ……。実は1年ほど前に“自炊”してしまいまして。本は、すべて電子書籍で読んでいます。これが、その電子書籍端末です」

 端末を拝見すると、えーっと、アルファベットのタイトルがズラリと並ぶ。東大法学部を卒業した杉山さんは、大和証券SMBCを経て、英ロイズ銀行東京支店に転じてからは資金部長や運用責任者として腕を磨いただけに、洋書ばかり。ちなみに、“自炊”とは、自前の蔵書を電子書籍端末などにデジタル化することをいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る