ダイセイコー社長・青柳芳英氏の読書量は年間100冊

公開日:

 7月に創立40周年を迎えた「ダイセイコー」は書店経営から出発し、現在はスポーツ吹き矢用具の開発・製造・販売、サプリメントなどの通販、認可保育園の経営などを事業の柱とする。子会社には「図書出版金園社」がある。本社のある銀座ではスポーツ吹き矢体験コーナー、高気圧酸素ボックスがある「銀座大成功倶楽部」を運営している。「来年はシニア向けのフィットネス・リハビリ介護施設を都内につくりたい」と話す青柳芳英社長(51)は2代目だ。

■「武蔵の生き方は人生にもビジネスにも通じる点が」

 子どもの頃はほとんど本を読まなかったが、中学から高校にかけて吉川英治の「宮本武蔵」に熱中。初めて小説を最後まで読み、これが自身の人生に影響を与える一冊となった。

「強さへのあこがれが出てくる年ごろで、武蔵に引かれた。武蔵は勝負に勝った後、どうやって生きて帰るかまで考えていました。勝利を確信しているからできることですが、勝負というのは、勝って終わりでなく、次の戦いに備えることが大切。これは人生にもビジネスにも通じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る