取り寄せてでも飲みたい オススメの国産クラフトビール7選

公開日: 更新日:

 今年4月1日に酒税法が改正され、ビールの定義が大きく変わった。これまで、麦芽の含有率が67%以上じゃないと「ビール」と呼べず、副原料が入っていれば一律で「発泡酒」と位置付けられていた。現在は50%以上麦芽が含まれていたら、ビールと認められる。クラフトビールの市場も大きく変わってきた。普段はソーシャルゲームの企画などを行う「オルトプラス」で広報を務める執事だが、副業でモデル、タレントとして家飲みの動画も配信している。

「新卒2年目にベルギービールの店に連れて行ってもらったのがキッカケです。最初に飲んだのは有名な『ヒューガルデンホワイト』だったと思いますが、甘くて白いビールに驚きました。そこから、クラフトビールにハマって、ビアバーやビールフェスに行き始めて、日本各地のビールの魅力に取りつかれました。でも、社会人になると気軽に友人を誘って飲めなくなるし、クラフトビールってお店で飲むと高いですよね。それで、取り寄せたりして自分のペースで飲める家飲みを始めたんです。ただ、ひとりで飲むってネガティブなイメージがある。動画配信すれば、みんなで一緒に飲み会できるし、ドタキャンしても怒られませんから、やってみようと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る