「離島一人旅」の著者・大畠順子さんがハマッた日本の島々

公開日: 更新日:

「離島旅」「島旅」がブームだ。なにしろ島国・日本には小さな島が多い。国交省の定義で「島」の要件を満たしているのは6800以上。そのうち人が住んでいるところだけでも418(2018年現在)もある。

 今週の執事は2011年から、日本の40の島をひとりで旅してきた。

「もともと一人旅が好きで、あるとき『寿司を食べに新潟に来ました』とかってSNSに書いたら面白いかなって、ネタづくりで佐渡島まで行ったんです。旅から帰ったら『粟島』という小さな離島があると教えてもらって、行ってみると名物の『粟島ラーメン』は予約しないと食べられないし、そもそも2000円もする。面白いなと思って、日本の“離島あるある”を調べて訪れるごとに興味が深まりました。以来、飽きずに7年、旅しています」

 今回は、ひとりでも家族でも楽しめる5島を紹介してもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る