外国人が自宅で料理教室 ホスト探しは「Tadaku」が便利

公開日:

 今年の訪日外国人は、3000万人を突破する見込み。外国人と交流を持つ人は少なくないだろう。

 そんな中、注目のサービスが、「Tadaku」だ。日本在住の外国人たちが、自宅で自国の料理教室を開き、参加したい人をサイト上でマッチングするもの。珍しい料理を習って一緒に食べながら英会話をしたり、英語以外の言語を学んだりして、外国人と交流できるとあって、人気が高まっている。

「レッスンをするホストの登録数は現在約3000人です。ホストが登録する際には、衛生面などの注意点をお話ししたり、自宅で写真撮影をしたりと、スタッフがサポートしています。ホストは、外資系企業や大使館に勤める方のご家族や、こちらでシェフとして働いている方など。日本で新しいコミュニティーに参加したい、日本人に自国のことを知ってほしいという思いで登録されています」(スタッフの吉良百合野さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る