外国人が自宅で料理教室 ホスト探しは「Tadaku」が便利

公開日: 更新日:

 今年の訪日外国人は、3000万人を突破する見込み。外国人と交流を持つ人は少なくないだろう。

 そんな中、注目のサービスが、「Tadaku」だ。日本在住の外国人たちが、自宅で自国の料理教室を開き、参加したい人をサイト上でマッチングするもの。珍しい料理を習って一緒に食べながら英会話をしたり、英語以外の言語を学んだりして、外国人と交流できるとあって、人気が高まっている。

「レッスンをするホストの登録数は現在約3000人です。ホストが登録する際には、衛生面などの注意点をお話ししたり、自宅で写真撮影をしたりと、スタッフがサポートしています。ホストは、外資系企業や大使館に勤める方のご家族や、こちらでシェフとして働いている方など。日本で新しいコミュニティーに参加したい、日本人に自国のことを知ってほしいという思いで登録されています」(スタッフの吉良百合野さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る