牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

京都らしい和風旅館の「門限」を守れず友人の寺へ

公開日: 更新日:

 京都で個展をするのに、小さな庭のある瓦屋根の、いかにも京都らしい風情の漂う和風旅館を予約した。この宿には10時の門限があり、毎晩、酒場で遅くまで飲んでしまう僕には少し早いような気もした。しかし健康のためにむしろよかろうと、この宿に5泊することにした。ここから毎日歩いて画廊まで通い、ひさしぶりにのんびりとすごすつもりだった。

 ところが案の定、初日の晩に遠方から個展を見に来てくれた友人と飲んでいるうちに門限の時刻を過ぎてしまい、あわてて宿に電話を入れることになった。戻るともう11時半をまわっていた。

「遅くなって申し訳ありません」

「とんでもない。お疲れになったでしょう。さ、どうぞお休みください」

 玄関で90歳近い女将さんと、60歳すぎのお手伝いの女性が眠い目をこすりながら親切にしてくれ、僕は申し訳ない気持ちになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る